stm32plusの環境を整える

前回の続きで、eclipseでstm32plusを扱えるようにする。

前回のスクリプトでコンパイラをインストールした状態でコレを実行すれば、

  • ~/workspace/stm32plus

にstm32plusのライブラリががビルドされた状態で用意される。

F4のサンプルプログラム~/workspaceにインポートしてmakeできればOK。

make flashでSTM32F4Discovery書き込むとLEDが点滅するはず。

カテゴリー: 組み込み関連 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です