前回FT232でPCと通信したシリアルサーボを今回はArduinoで動かす。

参考サイト
RS306MDのTTLコマンドのテストボード

こちらのサイトを参考に3ステートバッファを使用してArduinoのシリアルを以下のように配線する。

servo_arduino

ここで注意しないといけないのは、こんな配線をしたらUSBからプログラムを書き込めないという点。

わざわざシールドを作って、毎回書き込む時にとりはずせばいいが、面倒なのでISPからプログラムを書き込むことにした。

また、シリアルデバッグが出来ないのは困るので、Arduinoのソフトウェアシリアルを余ったピンで使用して、前回使ったFT232でPCにつないでシリアルデバッグできるようにした。

次回はプログラムで角度の設定と取得をする。

カテゴリー: ロボット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロボット

今更ロボミントンを振り返る その4

今回は軌道予測と打点の決定方法についてです Contents1 シャト 続きを読む …

ロボット

今更ロボミントンを振り返る その3

今回はKinectやシャトル検出について書こうと思います。 Conte 続きを読む …

ロボット

今更ロボミントンを振り返る その2

前回に引き続きロボミントンの振り返りです。 Contents1 センシ 続きを読む …